おもしろきこともなき世におもしろく

ライトノベル・SF・マンガ・ゲームの感想。それにMtG(モダン・ドラフト)についてちょろちょろと記載。

とらドラ!9 感想

<ネタばれ注意!>
うまく引き伸ばされたな・・・という感じはありました

でもあまりgdgdしたようになってはいませんでした

田村君はこんな感じのところで終わってしまった印象があったんでとらドラ!にはかんばってほしいです

前回から引き続き、大河の思いも伝わり、もつれた感情の糸がほぐれて、もしかしてこれが最終巻か?という気持ち

みのりんの竜児への思いも一段落ついたしね 脇道それるけどみのりんの目標を決めなきゃ前に進めないってセリフには感動した そりゃそうだよな、どちらが前かわからないなら前に進むもなにもないよね

と、本筋にもどってこう、感情の糸がうまいことほぐれてきたのにここで、大河の母親が大河を連れて行きそうになったり高須家戦争が起きそうになったり… ここで、そんなもめ事おきるのかよ、そろそろ大河報われてもいいじゃん、と思うけど、現実そんなもんだよな、そうそう上手くいかないよな そんなわけで少し悲しくなり、ついでにやっちゃんこと竜児母泰子がキレるのを初めて見てすこしビビってみた9巻でした 二人の愛の逃避行の成功を祈って!
広告を非表示にする