おもしろきこともなき世におもしろく

ライトノベル・SF・マンガ・ゲームの感想。それにMtG(モダン・ドラフト)についてちょろちょろと記載。

ブラッドハーレーの馬車


ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS)沙村 広明

太田出版 2007-12-18
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star気分悪い
star苛烈にすご本。決して勧められないが。
star噂の残酷漫画

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ブラッドハーレーの馬車、一部では噂になっているマンガかと思われます 人に勧めると人間性を疑われる本なので気をつけましょう 以下ネタばれあり また、残酷な描写などのあるマンガなのでそういうのが嫌な人には本当にお勧めできません 「ブラッドハーレー聖公女歌劇団」は孤児院の少女たちからなる歌劇団で団員はすべて、ブラッドハーレー家の幼女である
孤児院の少女たちにとっブラッドハーレー家の養女として、「ブラッドハーレー聖公女歌劇団」に入ることは憧れであった
しかし、実際にはブラッドハーレー家の養女として、聖公女歌劇団に入るのではなく、無期懲役囚の暴動を防ぐために、囚人たちに与えられるのであった・・・

ストーリーとしてはこんなところ
間違っても人に勧められる内容ではない 
うすうす感づいてはいたけどあらすじを文字にするととんでもないな
しかし、人に勧められる内容ではないと書いたけど、なぜこうやってブログで取り上げるかというと、単にひどい話だね、こんなの普通の人は読まないよね、で済ませられる以上の何か感じとったからではある
全体のテーマとしては大したものはなかった よくありがちな悪いことをする人にもいいところはある、といった内容ともいえる
では、何が心をうったかというと圧倒的なまでの描写力である
ストーリー的にはいたしかたないことではあるが、時代物の雰囲気をとりながらこの作品はかなり空想的なストーリーである
しかし、そこに移る心は本物に見えるのだ
葛藤や苦しみに耐える心、そして、人のくらい心
囚人たちは何を感じて少女たちを襲ったのか、そして襲われた少女たちはどうなったのか・・・
ブラッドハーレー家へ貰われていく少女たちを孤児院のほかの選ばれなかった少女たちはどう見送るのか
そのすべてに見入ってしまった

広告を非表示にする