おもしろきこともなき世におもしろく

ライトノベル・SF・マンガ・ゲームの感想。それにMtG(モダン・ドラフト)についてちょろちょろと記載。

エマ

エマ (1) (Beam comix)
エマ (1) (Beam comix) 森 薫

エンターブレイン 2002-08-26
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
starヴィクトリア朝時代のイギリス・ロンドン
starメイドへの深い愛情を感じられる良作
star面白い!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



メイドの人として有名?な作者によるラヴロマンス
結構昔の作品で、なおかつ有名作品ってことでいまさら紹介するまでもないかもしれないが、このブログではあくまで自分の好きな作品について書いていきたいのでかまわずに紹介させていただく
以下ネタバレあり

ヴィクトリア朝イギリス時代のラブロマンス
メイドの主人公、エマとウィリアム・ジョーンズとの身分を越えた恋愛物語
こういう風にまとめるとやっぱり現代社会に生きるわれわれとしてはんなこと気にせずに結婚してしまえよ、とか身もふたもないことを考えたりもするけど、この作品では時代考証が実によく行われていて、とても臨場感にあふれている
つまり、現代から考える考えづらい状況設定にも簡単に感情移入できる
作品の雰囲気、ストーリーとしてはさっき説明したとおりで、ようは身分違いの恋愛物語なのだけれど、エマとウィリアム・ジョーンズだけに焦点を強く当てるのではなく彼らの周りの登場人物にもうまくスポットライトを当てている
たとえば、登場する人物ほぼすべての人物に対して、現在だけでなくその過去も描写している
こういった描写が、登場人物たちのキャラクターとしての幅を広げているし、また現代社会とは違うヴィクトリア朝時代のイギリスをうまく描写している


ストーリーに関しては大まかに書いたので個人的な感想も
あとがきによると作者は編集者の間ではメイドの人って言われてるみたいだけど、本当に時代考証も含めてメイドとかイギリス、とかに愛情を惜しみなく注いでる人 
むしろもう少し出し惜しみしてもいいんじゃないかって思うくらい
最近読んだ漫画と比べてみるとヴィンランド・サガと同じくらいの出牙えと時代考証的な面では感じる
作者森薫に関していえば、実は女性らしい
うそだろう、と思ったらうそじゃないの?ってファンレター着たことあるとかないとか
今はfellows!でおとよめがたりを書いてるそう
隔月誌っていうなんともいえない媒体で書いてるから一年間に一冊でればいいほうなんだろうな・・・
相変わらずの世界観を展開してるみたいで、また歴史ものみたいだから単行本がとても楽しみだ

広告を非表示にする