おもしろきこともなき世におもしろく

ライトノベル・SF・マンガ・ゲームの感想。それにMtG(モダン・ドラフト)についてちょろちょろと記載。

読書予定とか感想予定とか

昨日は本当はいろいろしなきゃいけないことがあったはずなのだが現実逃避の旅に出て漫画読んでた。
闇金ウシジマクンとか、コッペリオン3巻、4巻とか。
闇金ウシジマくん 15 (ビッグコミックス)
ウシジマくんは相変わらずグロテスク。人の心の見たくない部分をほら、見ろよ、これがお前だよ、皮一枚はげば人間こんなもんだよ。お前もそうだよ。って見せてくるから。でも怖いもの見たさでつい見てしまうし、深くうがってみると本当に深くまでうがてる。「大きく打てば大きく響き小さく打てば小さく響く」って言葉があるけどまさにそのとおり。闇金に孤独に耐えられずに金を借りに行く人たちを見ると自分はこれから孤独に耐えられるのか、安易な道に走らずに済むのか不安にもなるだろう。

ヤングマガジン派だったからもうコッペリオンはもう4巻出てたって知らなかった。
あとは
PLUTO 8 (ビッグコミックス)とか。これでもうプルートもおしまいとか考えると悲しいかな。
あとはなぜかいまさら拳児読んだり。こいこい7とか古いのも読んでたな。
さらには読んでますよアザゼルさんとか。悪魔がかわいすぎたりしょぼすぎたり、カマキリにされたホストが軽すぎたのには正直笑ったわ。
シバトラクニミツの政とか久しぶりすぎて面白かった。シバトラは5巻までしか読んでないから早く最新刊までそろえたいところ。

で、来月の購入予定、読書予定

まずは漫画から
7月
ジャンプ系列からは
べるぜバブ 1 (ジャンプコミックス)
天獄 5 (ヤングジャンプコミックス)

サンデーからは
神のみぞ知るセカイ 5 (少年サンデーコミックス)
金剛番長 7 (少年サンデーコミックス)
史上最強の弟子ケンイチ 34 (少年サンデーコミックス)

お茶にごす。 9 (少年サンデーコミックス)
マガジンからは
彼岸島 27 (ヤングマガジンコミックス)
新宿スワン 19 (ヤングマガジンコミックス)




あとほかにもへうげもの 9 とか チェーザレ 破壊の創造者 7とか。
へうげもの 9服 (モーニングKC)


へうげものチェーザレはいわゆる歴史ものといえるけど、この歴史ものってジャンルはまた大好き。
特にチェーザレはその舞台背景の緻密さ、そしてへうげものは主人公のすきものぶり、そして織田信長のスケールに心を打たれる。
教科書でしか信長を知らない人はなんかへんてこなおっさんとしか思ってない人もいるかもしれないし、その粗暴さから乱世の英雄であってとても尊敬できる人だとは思えない人がいるかもしれない。
特に出る杭は打たれる日本である。
しかし、信長のスケールの大きさに触れてみると実に優れた人物である、ということがまじまじと伝わってくる。
そういう意味ではこの本ではそんな織田信長に触れることができるということでも優秀かもしれない。


こうしてみると今月だけでもすごい漫画読んでるな。1月平均で20冊位は読んでるのかもしれない。

ざっとこれから読みたい本をあげただけでこんなにもなっちゃったんだけど一番期待しているのは、べるぜバブ 1と神のみぞ知るセカイ

最近少年漫画で読む量が減ってきただけに、べるぜバブは新連載だから楽しみ。

あとは神のみぞ知るセカイは連載1回目のできがまさに神!!!って感じた作品だからいつまでも面白さが持続してほしいと思っている。
これから、エルシィルートに入っていくんだろうけど短編ベースの中にいかに長編を混ぜ込んでいくのかが楽しみ。
僕は第一話のあの話の展開のうまさに惹かれた人間だからどうしても今までの短編ベースのヒロイン一人、一人の話が短かったほうが好みなのもあるので余計にこれからの展開が気になります

広告を非表示にする