おもしろきこともなき世におもしろく

ライトノベル・SF・マンガ・ゲームの感想。それにMtG(モダン・ドラフト)についてちょろちょろと記載。

CANNAN 第1話

すんごいいまさら感が漂うけど、録画しっぱなし、放置しっぱなしのCANAAN第1話ええ加減にせいよ、って感じだったので見た。

予備知識としては、このCANAANってのはWiiで発売された
428 〜封鎖された渋谷で〜という作品のボーナスシナリオが元になっている。
428 ~封鎖された渋谷で~(特典無し)
ボーナスシナリオはTYPE-MOON製作だったのでそれを基にしているアニメも当然、TYPE-MOONがかかわっているきのこが原案だったりキャラクターの原案は武内崇だったりする。だから結構型月の香りがする。

ex1)当然、キャラデザ どことなくアルクっぽいとか、セイバーっぽいとか感じてしまうかもしれない、個人的には目の書き方のせいだと思う。
ex2)魔眼のような描写 型月作品には毎回魔眼が出てくる。月姫で言えば志貴の直視の魔眼、アルクェイドも魔眼を持ってた。Fateではライダーが魔眼持ち、空の境界では式が魔眼持ち、燈子も元魔眼もち


前置きはこれくらいにして本編の話をば

とりあえず公式サイト紹介(http://www.canaan.jp/

とりあえず登場人物をいくつかのグループに分けて説明したい。

まず
大沢マリア、御法川実の二人。二人は舞台、上海で行われているお祭りの取材に来たジャーナリストだ。
フリーランスの記者御法川とカメラマンの大沢マリアの二人組み。彼らはあくまで祭りを取材に来たのだが、事件に巻き込まれてゆく。

次に
カナン、夏目の二人。
この二人は蛇、といわれる犯罪集団に対抗する集団に所属している。
カナンが蛇と実際に戦う役で、夏目がそのスポンサー兼監視役といったポジション。
ちなみに、魔眼持ちみたいなのが出るって行ったけどカナンの共感覚の描写がほとんど魔眼w

ほかにも蛇の隠れ蓑になっている民間軍事企業ダイダラの社長カミングズと社長を尻に引いてる秘書のリャン・チーとか出てくるよ。
あとアロハシャツの兄ちゃんとか一緒に緑っぽい髪の女の子とかも。

それに蛇の頭のアルファルドも忘れちゃいけない。腕に蛇の刺青がある、お姉ちゃん。どこかレヴィっぽい感じ?
冒頭からいきなり後ろ手にしばられてつかまって登場する。OPを見る限りではカナンとすんごい戦ってる。これからアクションシーンが楽しみ。

なんで登場人物の紹介から入ろうと思ったかというと、これ書いてる時点ではあくまで1話しか見てないからストーリーの全体像がつかめないから。
だからそれぞれの登場人物がどういう風に事件に巻き込まれていくか、という観点からストーリーを紹介したかった。

っていってもまだ1話しか見てないからストーリーが本当によくわからないんだけど

どうも蛇とその敵対勢力の争いにマリアと御法川の二人が巻き込まれていくストーリーらしい。
ここで、いくつかのストーリーのまとめと疑問。

まとめ

銃撃戦がおきた原因は仮面をかぶった男たちがぬいぐるみをかぶった男たちのぬいぐるみをうばった
ことではじまった。→ぬいぐるみの男たちはぬいぐるみを奪われると死ぬ。
カナンは蛇の敵対勢力で仮面と銃撃戦を始めるから、仮面は蛇と考えられる。

ではぬいぐるみは →1.カナンと同じ勢力
→2.蛇と敵対する第三勢力
であることが考えられる。

疑問
ぬいぐるみ男たちはなんでぬいぐるみをとられると死ぬのか
上海の町の人たちはなぜ銃撃戦に無関心なのか

いくつか疑問が出てきたけどさっさと2話見ろよ、って話だからとりあえずはこんなところにして2話みるか。


広告を非表示にする