おもしろきこともなき世におもしろく

ライトノベル・SF・マンガ・ゲームの感想。それにMtG(モダン・ドラフト)についてちょろちょろと記載。

もやしもん8巻

まいど、まいどおまけのついている特装版が出ることで有名なもやしもんですが、今回も特装版は出ていたみたいですね。
本屋では見かけないのでないのかと思ってましたが、実はあったみたいです。今回は刷った刷数が少なかったみたいなのでしょうがないですね。
買うことはないのですが、本屋で見るのを毎回楽しみにしてただけに若干残念です。


●8巻あらすじ
日吉酒造の2代目、タレント志望の日吉友春から紹介されたかのうファームの加納はなさんが出てくるところから物語は動き始めます。今回ははなさんが地ビールのブルワリーということで出てきたせいでもありますが、前半半分は基本的にビールの蘊蓄話。後半は農大版オクトーバーフェストのお話。全国のビール蔵の協力を得て、大学でビールのお祭りをする話と。前半が、蘊蓄による理論だとすれば、後半は実践編。なんだかんだっていってもビールなんて笑顔でみんなでおいしく飲めればいいよね。そんなお話。

●感想
あらすじにも書いた通り、前半はビールに関する蘊蓄がメイン。ピルスナー、エール、ラガーとかの大まかなビールの種類わけから入って、とにかくいろんなビールの紹介が続きます。最後にはピルスナーの歴史、というか謂われみたいなのも紹介されてて本当に豆知識的な部分も多くあって面白かったですね。ただ、ひとついえるのは最近はどうももやしもんはお酒メインになってるんですが、もうすこしいろんな発酵食品についてやってほしいな、と。この前にもフランスワイン編がありましたし。
その後の後半というか真ん中は農大版オクトーバーフェスト。祭りの前の高揚感みたいのが伝わってきたのが大好きでした。
後は全編を通してなんですが、今回は久しぶりに新キャラ出てきましたね。はなちゃん。作中でもはなちゃん言われてもますけど27歳。大学組では最年長。スーツが素敵でした。
なにはともあれ大変面白く読ましていただきました。

●名言
「男の夢は男が壊したらいかん」
長谷川のセリフですね。その通りです。世の中には明らかにしたらいけないこともあるんですよね。
万歳。

●参考に
今回はビールの話がメインでしたが、最近ビールについての面白い読み物をネットで読んだのでその紹介もしておきたいです。
みなさんやる夫って知ってますか。
ようはいわゆるAA、記号でキャラクターを描く手法で、書かれたキャラクターです。おもに2chなんかの掲示板で投下されています。それを専門にまとめているやる夫系のまとめブログがあるんですが、その中でもあんそくさんにやる夫と飲むビールというスレがまとめられていまして、とても面白かったのでアドレスはっときます。ぜひ読んでみてください。
あんそく やる夫と飲むビール まとめ
広告を非表示にする