読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもしろきこともなき世におもしろく

ライトノベル・SF・マンガ・ゲームの感想。それにMtG(モダン・ドラフト)についてちょろちょろと記載。

ブログのPVアップの秘訣、それはもう他人が欲しい情報を書くことでしかない

頑張っても更新しても、PVがあがらん

と思いながら、モバマス見た感想を毎週更新したりしてました。
いや、モバマスのアニメ面白いし、感想を書くのも楽しいから構わなかったんですが、ブログを更新する楽しみはなかった。
#ブログを書く楽しみと更新する楽しみは別腹です。

それでも月間1万PV超えた!

それでも月間1万PV越えました。
そして、1万PV越えた方法というか理由があまりにも自明のことだったので、自戒を込めてのエントリ。

結論は、とにかく、みんなが欲しいけどまだインターネットに書かれてない、あるいは、アクセスが難しい情報を提供すること、でした。

具体的には何の情報だったんだよ?

ゲーム、相州戦芯館學園 万仙陣の攻略情報でした。
このゲームの選択肢次第で手に入るやりこみアイテム、ペガサスメダルというものがあります。
このペガサスメダルの集め方が、「ペガサスメダル 集め方」とかでググってもわかりやすくでてこなかったんです。
作品のWikiの隅っこには集め方自体は乗っていたが、ぐぐってもでてこない。
だから、以下のようなそのままのタイトルでブログをかいて更新してみました。

kadath.hatenablog.com

この記事だけで4月29日~5月9日の2週間たらずで2400アクセスくらい稼げてます。。。

結局、ユーザ目線がPVを稼ぐ方法だった

自分が嫌いな言葉の一つ、ユーザ目線。
それが結局ブログのPVをアップさせる方法だった。
そして、ユーザ目線からは重要な情報はたくさんあって、意外と簡単に気づけるのに提供されていないということもわかった。
ただ、上記の記事の情報には何も自分ならではの新しいものはない。
情報に、たどり着きやすい・わかりやすいタイトルを付けただけだ。
アクセス数は稼げても、自分だからこその仕事をしたという気分にはなれなかった。
そしてそんな記事が一番、アクセス数を稼いでる記事だった、ということで不愉快な気持ちにちょっとなるという、オチも用意されていた。