おもしろきこともなき世におもしろく

ライトノベル・SF・マンガ・ゲームの感想。それにMtG(モダン・ドラフト)についてちょろちょろと記載。

ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン 6話感想

気がついたらもう6話。まだナンシー・リーはでてこないけど、ユカノはでてきた。
そして大事なヒュージシュリケンもでてきた。

ついに時系列をシャッフルする手法が入り始めた

ニンジャスレイヤーというと、もともとは作中の時系列と関係なく作品がエピソードがリリースされていった作品です。
これまでは、ラスト・ガール・スタンディングが続きものになっている以外は、ゆるやかな時間の流れを感じさせられる短編で、この時間軸を崩した手法に関して意識的になる必要がない構成でした。

が、ここで、ネオヤクザ・フォー・セール / サプライズド・ドージョーになり、ようやくその時系列が崩れる手法がでてきました。

具体的にはニンジャスレイヤーがハイウェイでソウカイシックスゲイツと戦い、敗北し、その後ドラゴンドージョーを襲撃する。

この際、ニンジャスレイヤーの敗北は描かれず、話はとんで、ニンジャスレイヤーが襲撃されるドラゴンドージョーにナラク状態になって現れるところから再開する。

ニンジャスレイヤー自体はこういう話の進め方が非常に多いのだが、いままではこういった手法は使われてこなかった。
それどころかニンジャスレイヤーの原作は、ボーン・イン・レッド・ブラックから始まるわけではない。
アニメ一話は、フジキド・ケンジがニンジャスレイヤーになるところから始まっているのだが、原作はゼロ・トレラント・サンスイというソウカイヤシンジゲートのニンジャ、ミニットマンがニンジャスレイヤーを追跡する話から始まる。

第一話にも関わらずいきなり(これからのあらすじ)が挿入され、このニンジャの跳梁跋扈する不可思議な世界についての設定は一切ない状態からスタートするのだ。

ニンジャスレイヤー 6話の感想

アースクェイクがすごいでっかいのが、アニメとしては印象的だった。北斗の拳かよ、みたいな。
あるいは魁男塾かよ、と。

あとはヒュージシュリケンとアースクェイクの間のユウジョウがよい。
ヒュージシュリケンを囮にしての不意打ちにも失敗し、破れ先に爆発四散したアースクェイクに対して罵りながらも「地獄で会おう」という。

この感じいいよねぇ。実にいいよねぇ。

ユカノのバストは豊満だ

この文章バストが平坦だったり豊満だったり。
最初はユカノとナンシー・リーがでてくるとそのバストは豊満だ、とほんとうにとってつけたように原作の文章でははいってくるのよね。

そのところのアニメ再現がどうなるかとおもいきや、サクッとアニメのナレーションでいれてきましたね。

あと面白かったのは、ウカツの台詞とキエーッですね。
ンァーとならんでどういう発音になるか気になっていたところなんですが、なんか可愛らしい感じでありだった。

というかユカノが自分のイメージよりも幼く、可愛らしい感じですね。

わたしのイメージは基本わらいなくの、書籍版イメージだからというのはありそうですが。

広告を非表示にする