読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもしろきこともなき世におもしろく

ライトノベル・SF・マンガ・ゲームの感想。それにMtG(モダン・ドラフト)についてちょろちょろと記載。

電子書籍の革命は、個人が膨大な量の書籍を所有できることだ

電子書籍の何がすごいって、それまでは個人が所有不可能だった量の本を所有可能にしてくれるところだと思います。
もう自宅にはこれ以上本棚を作る余地がなく、捨てることをしなければ平積みの本が増えてくばかりというところにまで自分の生活は突入しています。

だけど、電子書籍で購入するなら本をどこに置くかを考えることなく購入可能ですし、買った後スペースがなくて他の本を廃棄するといったことをする必要もないです。
とそういった観点から見るとやはり電子書籍ってのは革命的です。

本を置くスペースがないから本がかえないなんて軟弱なことにはならんのです。

データを入れるスペースがなくなったってAmazonなりのスペースにはあって、いつでもダウンロードし直すことができますし。

ただ、一方で思いついた時に思いついただけ、好きなだけ本を購入できるのはしんどい部分でもあります。
いや、そんなに本かっていつ読むんだ?お前は?と自分でもいいたくなるのです。

あと、電子書籍で出てないシリーズはなんだかんだで紙で買うしか無いし、シリーズの一部だけ電子書籍と紙が入り交じるなんて最高に気持悪い自体にもなりますし。

ただ、時代は流れていくものですし、技術進歩は止まらないし便利になると人は戻れないものだから、そのうち紙の本が出るかどうかとは別に、総ての本が電子書籍でも出るようになると思うので、わたしはただただ其の時を待つばかりです。