おもしろきこともなき世におもしろく

ライトノベル・SF・マンガ・ゲームの感想。それにMtG(モダン・ドラフト)についてちょろちょろと記載。

タルキール覇王譚2BOX目

溝の口の某店で10700円でBOXが売ってて、思ってたよりもはるかにやすかったので、タルキール覇王譚の2BOX目いってみました。 最初の箱は友人とシェアしたので、実質1.5BOX

結論からいうとむちゃくちゃ塩BOXでした。

フェッチランドが2枚 あとめぼしいレアというと ・血に染まりし勇者

・賢いなりすまし(通常とFoilの計2枚)

・書かれざる視認

・先頭に立つものアナフェンザ

・血の暴君、シディシ

・包囲サイ

・奈落の総ざらい(Foil

・ジェスカイの隆盛

くらいでした。

Foilが2枚でて神話レアってのはそれなりなのかもしれないですが、結果が奈落の総ざらいと賢いなりすましではなぁ、といった 感じ。

賢いなりすましは胡散臭さと可能性を感じるカードではあるんですが、それでも一体何をコピーすればいいのやらといったところで。 基本的にはプレインズウォーカーなんて先出し有利でしかないので、其の点で賢いなりすましはピンとこないカードなので、 これからの活躍の高騰は期待できそうにないですね。

とにかく、ぶっちゃけフェッチランドがとサルカンがでなかった時点で負け組確定ってやつでした。 多色レアがたくさんでてくるとフェッチランドが出づらい、という日本語ソートはほんとうだったらしいですねぇ。

しかし結果論でしかないけど、これだったらまだサルカンとフェッチランド1枚とかソリンしかはいってないホモソリン箱とかのほうが ネタ的に美味しいくらいでした。

場合によってはリベンジとしてもう一箱開けるかもしれませんがこんなところで。。。

広告を非表示にする