読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもしろきこともなき世におもしろく

ライトノベル・SF・マンガ・ゲームの感想。それにMtG(モダン・ドラフト)についてちょろちょろと記載。

結局ロイドフットウェアでマスターロイドを買い足しました

ロイドフットウェアでマスターロイドの買い足しをしました。
前回ロイドフットウェアで52000円の靴を買った時は、5.5のサイズを買ったのでマスターロイドも同じサイズを試着してみたところ、ちょっと小さすぎるという指摘が入り、6に。

たしかに前回マスターロイドを見た時も5.5はサイズがきつきつすぎるので52000円のモデルにした、という経緯があります。
#モデル名がわからないので値段で書いていることをお許し下さい。

今回購入したマスターロイドはただの?黒ストレートチップのモデルです。
確かモデル名はWHITEHALL。
これはクロケットアンドジョーンズがOEMで作成しているようです。

マスターロイドだけではなくクロケットジョーンズ本体でも、同製品名で販売しているようです。
ハンドグレードラインとなりまして、インターネットで騒いでる、英国本格靴はこのラインから!っていうやつです。

クロケ本家でもロングノーズのスクウェアトゥが増えている中でショートノーズのラウンドトゥの名作だと思います。

お金があればEdward GreenのChelseaとかほしいです。(デザイン的にはほぼホワイトホールと同じ、というところがなんともですが)

自分の場合、職場が固いところで、偉い人が来ると黒スーツ、黒靴、黒ベルトみたいなことを言い始めるようなところです。
なのでおしゃれな人には面白みがないと思われるかもしれないのですが、いわゆる堅い服装を整えよう、という方針で靴を集めています。

そのため今持っている靴が
ロイドフットウェアの黒パンチドキャップトゥ
リーガルの黒の外羽根
今回書いているロイドのマスターロイド・ホワイトホール(黒のストレートチップ
というものになっています。

そのうち茶靴もほしいのですが、茶靴となるとベルトも色合わせないといけないし、スーツやシャツ・ネクタイとの色合わせとかも考えるとなんか難しいなーとなってしまっています。

あんまりおしゃれな人間じゃないので、茶色い靴なら個の組み合わせ、黒い靴ならこの組み合わせみたいなのをスーツスタイルで考えるのが苦手です。
多分頭だけで考えていてもしっくりこないし、それならいっそのこと必ず同じ格好買い物すればぶれないじゃん!というのが自分の考えです。

そのため足元は黒のストレートチップでしばらくは固めて行くことにします。

ココらへんの考え方はLifeStyleImageの人の生地を多く読んで共感しからかもしれないです。
http://lifestyleimage.office-kabu.jp/?p=3861

あとは、落合正勝さんの本を読んだ結果だったりもします。まぁ、落合さんの本では茶色靴も揃えていく事になっていますが、自分はまだそこまで到達していない、ということでw

[新版]男の服装術 スーツの着こなしから靴の手入れまで

[新版]男の服装術 スーツの着こなしから靴の手入れまで

しかしこれでリーガル靴合わせて2016年から靴に16万くらい突っ込んでいることになりますからちゃんと手入れして長生きさせたいと考えています。