おもしろきこともなき世におもしろく

ライトノベル・SF・マンガ・ゲームの感想。それにMtG(モダン・ドラフト)についてちょろちょろと記載。

エアギア全巻読み直してみての感想

エアギアを全巻読み直した。

そろそろバイオーグトリニティが完結するからってのがあるんだけど、大暮維人の漫画が読みたくなりエアギアを全巻読み直した。

エアギアは、結構人がしぬまで時間がかかったな、という謎の感想を覚えたりしていた。
空が敵対して、アイオーンとスピットファイアが死ぬまでは意外と死なないんだよなぁ、という話です。
ゴーゴンは死ぬ死ぬ詐欺でしなかかったし、意外と死なない。大怪我しているシーンとか、峨嵋刺に顔面剥がれるかわいそうなやつとかはたくさんでてきたが。

峨嵋刺の他人の顔面をすぐ剥ぐキャラ付けには無理があると思う。
世界観描写がうまくないんので、無駄にぶっ飛んだキャラ付けがでてきてしんどかったりする。
マルボウみたいな粗暴なエアトレックキッズ専門の警察の部隊がいる時点で、峨嵋刺みたいなやつはすぐに逮捕されて然るべき案件でしょとしか思えないわけ。
そういうのを見ていると、大暮維人は絵の説得力と雰囲気で押し切るのは上手だけど、実際のところ世界観の提示はうまくないと思う。
女の子がレイプされてみたり、他人を大怪我させてもいいと思っているやばい暴力野郎がでてきたり、というのはあるんだけど、それが作品世界観とマッチしているかというと
必ずしもそうじゃなかったりするんだよね。

エアギアってそういえば全般的に粗暴キッズが多い世界観ではあるよね。
イッキの通っている学校ってのがぶっちゃけ底辺公立中学であるってことの提示が下手くそで、そこら辺が回りにたくさん粗暴なキッズがいることを上手に描写することに
つながっていないのかな?=世界観の提示が下手だなと思っている。

というか、やっぱり読み直してみて思ったのはイッキって基本的にはなんか田舎の粗暴キッズの系譜なんだよな。
学校に不良グループが居て、周囲の学校と喧嘩してて、その煽りで学校の生徒がレイプされたりするし、先輩はヤクザになっているしというあたり。

世界観の提示が下手って書いたけど、提示は下手くそだけど細かい書き込みは得意なのかもしれないな、と上記の粗暴キッズぶりが読み取れるようになっているところをみると
思い直した。
とんちゃんっていう若いエロい女性教師は、これは粗暴キッズ界隈にいたらレイプされてたりしそうだから現実味がないけど、カラテ教師の折原とかは粗暴なキッズが揃う学校には
必須の要素として組み込まれてそうだね。

エアトレック技術はありとあらゆるものに組み込まれている、位の説明があったけど、そこら辺をもう少し上手に絵でもらいたかったな、というのとどっからエアトレックがでてきたんだっけ?というの
が読み直してもわからんかったのでなんだかんだでバイオーグトリニティしかり、エアギアしかり、天上天下しかり、大暮維人は世界観を絡めたストーリーが意味不明になりがちなのかもしれない。

SONYの新作ウォークマン ZX300を購入したので、バランス接続ケーブルも購入した件

色々と自分が使いたい用途にぴったりだったので、SONYのZX300を購入しました。
ZX300といえば売りはバランス接続なので、せっかくなので、バランス接続用のケーブルも購入しました。

カスタム2pinのイヤホン(Marverick)を使っているので、それに合わせて選びました。

わたしが注文した時点では5000円程度で購入できるってのがありがたい。
Marverickを買ってる人間が言うことではないけど、イヤホンのリケーブルにどこまで効果があるのかもわからないって思っているので、安いに越したことはないと思っている。
ただ、バランス接続とか接続方式を変更するのは効果が有ると思っているので、バランス接続に変更しました。

注文したばかりなので、使った見た感想はまた後で。

lobotomy corporation ラビットチームについて

ロボトミーコーポレーションの攻略記事です。
ロボトミーコーポレーションはアーリーアクセスのゲームで、一部の人は好きなもののそこまでの知名度もなく、ということで日本語されていない最新情報がちらほらあるようなので、
時間に余裕がある時にでもメモ代わりに書いていきたいと思います。

昨年(2017年)の12月末にパッチがあたり、ラビットチームが実装されたようです。

ラビットチームとは、懲戒チームのミッションをクリアするエネルギーと引き換えに1日1回使える機能で、
うさぎ型のガスマスクをかぶった特殊部隊みたいなオフィサーを、選んだチームの区画に大量出現させることができます。
デメリットとして、その区画にいる全エージェントが即時にパニック状態になり、死亡扱いになることです。
1度に区画は3か4を選ぶことができ、1区画あたり25%のエネルギーが消費します。

ただし、それらのデメリットを補って有り余るラビットチームの良さがありますので、以下に記載。

1.とにかく強い
WAWどころかALEPHに普通に勝つチームが現れます。
実体が2ある(顔が2個ついている)死体の山を射殺してくれる強さがあります。

2.支払いは踏み倒す方法がある
ゲーム開始直後など、まだエネルギーがない状態であれば支払いを踏み倒すことができます。
(現エネルギーの25%が支払いなので、そもそもエネルギーがない状態では支払い発生なしで利用できる。)
自分は3月27日のシェルターと、この踏み倒し可能という点を利用して、懲罰チームの幾つかのミッションを楽にこなしました。

方法:
1.安全な上層のどこかに全エージェントを集める
2.3月27日のシェルターにエージェントを一人突っ込む
3.クリフォト暴走が起きるのを待つ。
4.十分な数のアブノーマリティが脱走したら(WAWだと5体、ALEPHであれば3体。)一番敵が多い区画にラビットチームを呼ぶ。
5.ラビットチームが敵をみなごろにするのを眺める。

どういう仕様なのかは理解しきれていないのですが、アブノーマリティは優先的にラビットチームを狙うようになっているようで、エージェントを十分にラビットチームと離しておくと、大体すべてのアブノーマリティが
ラビットチームに向かって突っ込んでいきました。

注意点として、エレベーターを使えない一部のオブジェクトについては、当然、エレベーターを使わないでしょうから、その点は最初から考慮する必要があるかもしれないです。


#笑う死体の山を蹴散らすウサギさんチームf:id:n-sekiraku:20180109220002p:plain

スターウォーズ エピソード8 感想

例によってネタバレありありの感想。

スノークが訳のわからない理由で死ぬ。
カイロレンに殺される。
もうね、あほかと。

パルパティーンに比べた時のスノークの弱さが本当にひどい。

謎のフォーストリックで殺されちゃう訳だけど、スノークがどういう人物でなぜパルパティーン亡き後にファーストオーダーの指導者になれたのかとか本当にわからんよね。

というかエピソード7、8の時代でかなりの老人ということはエンドアの戦いの時には働き盛りくらいだったのでは?と思うんだけど、この人銀河帝国時代は何してたの?

多分、スノークのデザイン自体はダークフォースを司る悪玉にしたいばかりにそこまで検討されてないんだろうなぁと思ってしまいますね。

ローグワン的なスピンオフで絶対にスノークの正体とかやるよ?これ?

全般的な感想としてはポリティカルコレクトネスのダークサイドに落ちてるってどころですね。

ローズというアジア人女性がでてきて、フィンと一緒に終始行動している訳ですが、こいつ、主役級には黒人とアジア人と、あと女性も入れないとね!みたいなのを一手にになっている役所なんですよ。
行動も基本的にフィンとセットでゴチャゴチャしてるだけでポリコレ野郎Aチームって感じですね。

制作がディズニーになって、惑星の自然や惑星独自の生き物は美しく描写されてますが、それ以外は端的にくそでしたね。

ジョージルーカスは自分がいろんなことを描写しきれていないなりに描かないことはあえて描かないとしてきたのをガン無視していて本当に萎えますねぇ。

キングスマン2 感想

キングスマン2 GC(ゴールデンサークル)を早速見てきたので感想。

1から引き続きコミカルなところはとことんコミカルに、リアルな描写はかなりリアルにやっている。
そしてコリン・ファースをちゃんと退場させないで、2に出している。

最近は死んだはずのあのキャラが!?に個人的にだいぶ寛容になってきたと思う。
コードギアス見てた時に2期でC.Cが出てきた時はとことん苛ついたのに比べるとちょっと人間性ができてきたんではないかと思う。

ところどころぼーっと見てしまったんだけどまぁ面白かった。

アメリカの親戚がお手伝いしよう>ステイツマンだ!みたいな安直な発想を見ていると日本のニンジャマンとかでてきそうなノリで
始まるから面白いんだなぁ。これが。

悪役としてでてきているポピーは、ハイパーサイコパスジュリアン・ムーアが演じている。
ニッコリ微笑みながらヘマをした部下をミンチにして、そのひき肉で作ったハンバーガーを新人に食わせたりとか楽しい。
前作の悪役がサミュエルL・ジャクソンで、はまり役だったのだが、ジュリアン・ムーアもかなりはまり役でよろしい感じだったのです。

ハンバーガーのひき肉の質感はかなりいいんだけど、ひき肉になる瞬間はめちゃくちゃコミカルに表現されており、そのギャップがかなり気持ちいい感じ。

アクションもストーリー展開も設定もとことん、キングスマンってのはこんなもんだ!という美学というかが徹底しているのでそこが良い。
キングスマン3か4くらいまでは見るかもしれないから頑張って続きを作ってほしいくらいだ。

ロボトミーコーポレーション 攻略

ロボトミーコーポレーションが面白いんですが妙に難しいので、攻略的なものを書き留めておきます。

自分はまだストーリーモードもクリアできてないですが、それでもだいぶゲームが軌道にのってきたので。


重要な要素
エージェントの能力、レベル
EGO
良いアブノーマリティと悪いアブノーマリティの概念

上3つくらいの要素を掴んでいないとクリアできないゲームです。

エージェントは簡単に死にますが、死なさないようにして使い続けると能力が上がりランクが上がることでより優秀なエージェントになります。
1日の最後に1日をやり直すか、次に進むかが選べますから、基本的には人死がでたらやり直すことをお勧めします。

やり直すのがめんどくさいと感じるようであればその日はもうゲームやめた方がいいですね。

惰性でやっても良いことはない。

2つ目の大事な要素はEGOです。
試練や収容違反アブノーマリティを鎮圧するには十分に優秀なEGOがないことには始まらないので、必ず用意しましょう。

チェックポイントからやり直しを選ぶことで5日ごとにやり直しができます。

この機能を使うと、アブノーマリティの選択も含めてやり直しができるので、簡単に強力なEGOを出すアブノーマリティを選び直すことができます。

チェックポイントやり直し、最初からやり直しの場合EGOはそのままやり直しができるので、これで面倒くさいけどEGOは強力というアブノーマリティからEGOを集めましょう。

最後は良いアブノーマリティと悪いアブノーマリティです。

危険度の高いアブノーマリティの中には一度収容違反されると即ゲームオーバーにつながるような煮ても焼いても食えないアブノーマリティが混じってます。

ex)静かなオーケストラ、大鳥など

こういったアブノーマリティはEGOが強力なため、一度くらいは選ぶ価値がありますが、EGOを回収した後にストーリーモードをクリアに向かう時には邪魔になります。

稼ぎとクリアを峻別して、どうにもならない時はあえて無視するのもコツかもしれません。

仕事はなんだかんだで人生に張り合いをもたらすかもしれない

正月休みの間なにをしていたかというと、ロボトミーコーポレーションというゲームをしていた。

SCPみたいな物体を管理してエネルギーを生産するという設定のリソース管理ローグライクゲームだ。

ひたすらリソース管理をするゲームで、社員は仕事をすると死んだりするが、死なないで生き残ると少しずつステータスが上がりエリート社員になって行く。

危険なアブノーマリティと呼ばれる謎物体を管理して毎日エネルギー生産に励むゲームなのだ。


これが酷い死に覚えゲーで、初見のアブノーマリティに関わるとまず社員が死ぬのである。
ただ、ゲームをやり直してもアブノーマリティに関する情報が記載されているエンサイクロペディアというお便利帳は引き継がれるので、ゲーム詰むためにやり直して、前回よりも少しマシなリソース管理を行う。

そんなゲームなんだけど死に覚えゲーの常として、短時間で結果がでる。
それが故にすさまじくハマる。

ただハマるんだけど、すごい惰性で遊んでしまうことも多くなる。

仕事しないで良い間、その休み中の予定がない間ずっとこのゲームをしていた。
段々と惰性で遊んでしまっていた。

本当は積ん読を崩そうとか、ブログ書こうとか思っていたのになんけロボトミーコーポレーションばっかりしていた。

それが仕事が始まるとすぐにあの本が読みたい、この本が読みたい。
仕事の合間の昼休みにはブログ書いてみたり、と忙しく活動している。

やはり仕事はなんだかんだで人間をピリッとさせる効果があって必要なのかな?とか思わされてしまった。

そんな話です。