おもしろきこともなき世におもしろく

ライトノベル・SF・マンガ・ゲームの感想。それにMtG(モダン・ドラフト)についてちょろちょろと記載。

メイドインアビス6巻までの感想

メイドインアビス6巻、42話までの感想。
ネタバレありです。


6巻までを読んでの感想は誰にでもすすめることはできないが、漫画好きの人にはおすすめできる漫画だなぁ、です。
作者は変態なんだなぁ、と思わされる気持ち悪い描写がたくさんでてくるので、そういった描写に耐性がない人にすすめると人間性を疑われそうなので、誰にでも進められるわけではないですが、一漫画としてみた時には物語の進め方、描写力、独自の世界観など、優れた点がたくさん出てくるのでぜひ読んでほしいです、という話になります。

お話の特徴

ファンタジー世界で冒険者になるお!という味付けに近い漫画ですが、特徴としては俺TUEEEチートが少なくて
現実の怖さが前にでてくるところでしょうか。
若干のリアル志向があるので、人はそこそこ死ぬ上に主人公の女の子、リコがかなりひどい目にあうしですね。

もちろんご都合主義は適度にまぶしてあるわけですが。
例えば、主人公は当然死なないしですしね。ただし、危険なアビスの生物、タマウガチの毒を食らったおかげで左手は親指以外が動かなくなってしまったりもします。

人が死ぬ、主人公が障害者になるなどやりたい放題のストーリなので、
絵柄と起きる事象のギャップが激しくて、なんな脳みそが痒くなりますね。

そういうギャップも魅力といえば魅力ですね。

以下ネタバレありの感想

物語の着地点が42話時点で意外と見えないですね。
なれ果ての済む村にたどり着いた一行ですが、なれ果ての姫、ファプタとレグの間に因縁があること、なれ果ての村に一度は黎明郷ボンボルドが着ていたこと、そして地上で謎の病気が蔓延しており、おそらくアビスと関係がありそうなことなどが一気に明かされています。
設定がかなり緻密な作品なので、物語のなかで明かされていない重要な伏線があるとそれがストーリーに与える影響がでかくて着地点不明になります。

今後明かされていく物語の謎としては、ファプタとレグの会話を見る限りではレグがアビスの底から地上に登ってきた理由などがありそうですね。
あと、ファプタがレグのちんこ確認しようとしていたけど、ファプタとレグは一体以前何をしていたんだ。。。

こういう描写がポンポンとぶっこまれるあたりがメイドインアビスの魅力なのか悪いところなのか難しいところですが、人に勧めづらくなる理由ではありますね。確実に。

ロリ・ショタの絵柄でなんかふわっとしたエロといいますか特殊性癖の存在を彷彿とさせる展開がでてくるところがまぁ、この漫画のいいところであり悪いところですね。
絵柄のタッチが絵本風なのが悪いです。
あと、やはり絵を見ていて思うのは構成力も高いし、アビスの絵にすごい広がりがって綺麗ですね。。

あとは、生き物の内臓とか好きな人にもおすすめできるかもしれない。生き物の内臓が好きな人ってどういう区分だよと思うけど。
5巻くらいからほのぼのダークファンタジー路線から残酷物語路線が強くなるんですよねー。

ボンボルドが出て来るのが悪いよ、ボンボルドが。
それまではせいぜい、捕まえた動物を解体する程度の話だったのがプルシュカとカートリッジの存在がでてきて、怪しくなっていきます。
カートリッジというのは、メイドインアビスの作中でも屈指の邪悪な概念ですね。

まず、今更ながら説明すると、メイドインアビスでは、アビスという謎の穴を捜索してそこに眠る謎のお便利グッズを集めて生計を立てている人がでてきます。
ヒロインのリコもそんなようわからん人たちの一人です。
アビスは地面に空いた穴を通って降りていく地下世界なのですが6層以上に分かれています。
そして、下の階層から上の階層にのぼる際にはいろんな健康被害がでる、という設定があるのです。アビスの呪い、と作中ではいっています。

カートリッジはそのアビスの呪いを解決するための手段の一つで、任意の人間にアビスの呪いを押し付ける事ができる、という設定があるという前提で機能する仕組みです。
人間をバラバラにして脳みそと脊髄と内臓ちょっとに分解して再度箱詰めしたものをカートリッジと読んで呪い避けに使うんですね。

いままでもエグい話はたくさんでてくるんですが、5巻から級にこういう残酷物語な展開が増えてくるんですね。

そしてなんといっても、ただカートリッジという技術がある、というところで話は終わらず、 4巻5巻でリコが仲良くなる女の子のプルシュカがボンボルドにカートリッジにされてしまうという展開が待っています。
しかもプルシュカはボンボルの娘だし、ボンボルドに愛情を持ってるし、それは分解されて箱詰めにされてカートリッジにされても変わらないしということで非情に脳みそが痒くなる展開です。
ついでにボンボルドには娘を箱詰めにすることに一切悪いことをしているという意識がないし、ボンボルドとの因縁があるナナチ及びリコ、レグに対して敗北したときも、アビスに対してより思い入れがあり能力がある人間が前に進むんだから悪いことじゃないとかいっちゃったりとかもう狂人ぶりが目立ちますね。

実際には、人間の精神を他人に植え付ける事ができるお便利グッズを使いすぎて精神性が生き物を辞めてしまっているという設定で、実際に狂人なわけですが。狂人?ですらないかもですが。人間ではないどころか生物ではない、という認定を作中で受けているので。

そういった間違った人間性を持った人間がキチガイを晒していく、というのも魅力的なところです。いやー、実際展開は気持ち悪いし胸糞悪いけどボンボルドはマッドサイエンティストキャラとして一定の魅力がありますよ。
プルシュカとの間の関係性もなんとも言えない魅力があるし。
あと、リコからレグのちんこの話をされた際にパパ棒のことね、って言ってるし勃起したところもみたことあるっぽいし、なんか性的暴行をうけてる設定まで連想させるから最低ですね。

つくしあきひとは、され竜(されど竜は罪人と踊る)を読んでるし、アナピヤ編を読んでるしプルシュカの話の下りは絶対アナピヤ編を参考にして書いてるとおいます。

され竜のアナピヤ編も、他人の精神を支配する、女の子が解体される、と似た要素がでてきますからね。メイドインアビスは2010年代のコンテンツなのですが、され竜はそもそも2000年代コンテンツということで圧倒的に先行しているわけですしね。



まぁ、だらだらと感想を書いているけど、結局面白いから読んでみてね、とういことが書きたいだけです。

東京レイヴンズ15巻の発売日が、富士見書房の公式HPに掲載されています。

タイトルでほぼすべてを語ってしまいました。

2017年9月20日ですね。
www.fujimishobo.co.jp

まとめサイトのリンクで恐縮ですが、ドラマガでも2017年の夏に発売予定、と記載していたようです。
ラノベ『東京レイヴンズ』15巻が今年夏発売予定 ドラマガにて判明 | まとレーベル@ラノベ新刊情報まとめサイト


発売日延期になったりしないように超期待しています。

ダンジョン飯 5巻感想

物語的にはファリンを救って、あとはダンジョンから帰還するだけ=物語の完結、となるのかと思われました4巻の続きです。


どうやら5巻で、というかすぐに話を完結させるつもりはさらさらなかったようです。
狂乱の魔術=ダンジョン・マスター?に襲われ、ファリンとはぐれてしまう。

狂乱の魔術師はファリンに対して元の体に戻す、という発言をしていることからファリンがレッドドラゴンになってしまうようです。
そもそもファリンを蘇生させるときにマルシルがドラゴンの体を利用していたことがこの顛末の理由でしょうか。

いずれにせよ、とりあえずダンジョンから帰還すればOK、という話ではなくなりそうですね。
狂乱の魔術師をどうにかする、つまりダンジョンを攻略して安全にする?滅ぼす?かしないと物語も終わらないのかもしれないです。

あと、登場人物が一気に増えましたね。

ライオスの昔の仲間のシュロー=トシローとその仲間がでてきました。
シュローくんはファリンに惚れている、東方の武士という設定のようで、忍者みたいな部下みたいな女性陣をわらわらと連れて登場しました。

ライオスは俺を友達だといってくれる、いいやつなんだといって他の人たちに紹介してましたね。
というか、さらっといってるけどやはりライオスくんはどこかサイコパスぽい言動もあるし、モンスターオタクだしで友達が少なかったようですね。

あと、すぐに迷宮で死んでしまうパーティーの人たちの言動やダンジョン探索の目的が深掘りされていましたね。

ライオスたちのことを人間に興味がないんだ、と一蹴していました。ダンジョンを制覇してその力を手に入れるのは自分たちが相応しい、と息巻いていますね。
大いなる力には大いなる責任が伴う教徒からすると、ライオスは確かにどれだけ力を手に入れても自分の興味あることしかできなさそうな、社会不適合者っぽい
雰囲気が実にプンプンしているので、そこまで滅茶苦茶な評価ではないと思います。

肌黒の男がリーダーになっている、この勇者様パーティーのいっていることもある程度は最もだし、確実にライオスたちとトラブルので6巻以降の展開が楽しみですね。

感想の総評としては、まだまだ展開もだれてきていないしこの調子で話の続きが見たい、って感じです。

なんとなく面白かったシーン

チルチャックが性教育をセンシから受ける謎のシーンが結構笑えるのでそこもおすすめです。

鬼っ子の新キャラ、タデが結構かわいいのでおすすめ。
あとトシローパーティーのマイヅルさんがなんかSっぽいので(主人公たちを拘束したあとにとりあえず一人二人殺す、と提案してくる。。。)なんか良かったりとか。

あとは変なポーズで石化するマルシル、そして魔法の習得を目指すライオスとか。
ライオスのコミュニケーション能力不足で、治療をするために相手の体に上手にさわれないシーンはすげぇリアルでなんかよかった。いや、むしろ悪いか?
マルシルの耳を変な感じにムンズと掴んで無礼ーと怒られているシーンのマルシルは可愛い。

全般的にマルシル可愛いですね。多分みんなの意見が一致するところだと思いますが。かわいいは正義???

バイオーグトリニティ 感想のまとめ

バイオーグトリニティの感想もそこそこ書いてるが散逸しているため、記事をまとめてみる。
kadath.hatenablog.com

kadath.hatenablog.com

kadath.hatenablog.com
kadath.hatenablog.com
kadath.hatenablog.com
kadath.hatenablog.com
kadath.hatenablog.com

自分で書いているブログながら結構感想記事が歯抜けですね。
全巻の感想を書いていないだろうな、というのは自覚していたのですが。。。


ジョンロブを安く手に入れる話

13万円の廉価版ジョンロブ、出てるみたいですね、ジョンロブは欲しいけど靴1足に20万円は出せないという人向けでしょうか。
(ニュークラシックライン、という名前で13万円を目安に出ています。)

従来の1枚側から作っているチャペルや、5、6枚の皮で作っているとされているプレステージラインの靴よりも、細かいパーツの組み合わせで作るから革が無駄にならずやすいということのようです。

ジョンロブジャパンの社長インタビューを見る限りでは、革が無駄にならずやすいとの主張ですが、本当に革の費用はそんなに高いのかは若干の疑問です。

人件費はむしろ、パーツが増えたことによりよりかかるようになったと読み取れる発言がありましたし、見えないところで劣化してる気がします。

革は同じ、縫製は同じ、と言い切っていますから、それ以外のところでもっと安い材料を利用してたり、検品基準を落としたりしてそうですね。

日本人はブランド大好きでしょうからそれでも売れそうですし、実際売れるとは思うのですが。

チャーチ、ジョンロブを買いました

イギリスはノーザンプトンのファクトリーショップに行くことができ、革靴を買いました。

購入したのはジョンロブで、city3 とチャーチでシャノン、ディプロマットです。

色は全部茶系。
city3 だけardillaという少し面白い栗鼠色です。

ファクトリーショップの人も言ってたんだけど、ジョンロブのcity、フィリップ、ウィリアムはとても需要があるとのことでなかなかいいものがありませんでした。

チャーチの方はかなり在庫が揃ってまして、よかったですね。
ただ、チャッカブーツの類はなかったですね。

全般的に楽しい経験をできたので、渡英する機会があればまた行きたいです。

忍物語 感想

忍物語が7/21に発売されていたので読了。
感想です。
モンスターシーズンと銘打ってまだまだ続けるみたいですね、物語シリーズ

時系列的には大学生の暦くんが出てきますね。
そして暦くんの大学のお友達がでてきますが女の子ですね。

ところで、物語シリーズ阿良々木暦のお友達って男性でてきましたっけ?
貝木泥舟はまぁ相容れない存在って扱いだし、手折正弦は退場が早すぎたし。

どちらにせよ年齢が離れているから友達枠ではないですね。

戯言シリーズにしたところで、友達はあれっすね。なんでしたっけ。名前がでてこない入れ墨の零崎少年しかでてこないですし。

出夢くんに関しては限りなく性別が怪しいキャラだし。

まぁ男性の出てこないライトノベルとかノベルゲーとか少なくないですしね。

Fate/StayNightでも士郎くんの友達は基本的にいない。(わかめが友達ってマジかよ。)
あ、でも寺の息子がいたか。

なんで男性が出てこない事が多いんでしょうか。
人間付き合いが少なくて男性の友達が少ない作者が書いているから、というようなことを言う人がいたりもしましたが、現実での経験が少なくても書籍などの物語でのインプットを増やすことはできなくはないし、自分にはないからこそ、憧れるという側面もあると思うんですよね。
永井豪は童貞を捨ててから漫画がエロくなくなった、という話をしている人もいたりしたらしいですし。

以下、ネタバレ含みの感想

旧キスショット、現忍野忍を吸血鬼にしたキャラがでてきますね。
業物語?かなんかの美し姫の話ででてくるキャラですね。なんか幼女になってますね。
登場人物の多くがとりあえず幼女である、ってのはこの作品の何かしらのテーマなんですかね。

幼女枠
八九寺真宵
千石撫子
忍野忍
斧乃木余接

適当に書いただけで結構います?
いや登場人物がアホほど多い作品だから意外と少ないとも言える?まぁこれも感想本編ではないですね。

結局スーサイドマスターは死んだんですかね。
もう死ぬしかない/餓死寸前、という設定でしたし、特に誰を食べたという描写もないし死んだとしか解釈のしようがないから死んだのかな?

ただ、死ぬためだけに登場したのだとしたら、正直地獄もとい天国で美し姫にあってスーサイドマスターがミイラになったのを復活させた理由がわからない話になるんですよねぇ。

いや、吸血鬼になったバスケ部員の下りをスーサイドマスター視点で説明するためだけに(言ってみればスーサイドマスターのキャラクタ紹介のためだけに)でてきたことになりませんか。
そうやってわざわざ尺を使ってキャラ説明をしたのに1巻で退場というのも変な感じだから、何かしらの方法で今後も登場するんですかね。

シリーズが長いので中だるみするのもしゃーなしだとは思いますが正直にちょっというとパワー不足な感じですかね。
つまらなくはないし、そこそこ以上に面白いのはむしろわかっているから必ずでたら読むんですけど夢中になるかというとそうではない、というようなポジションですね。最近の物語シリーズ。。。