おもしろきこともなき世におもしろく

ライトノベル・SF・マンガ・ゲームの感想。それにMtG(モダン・ドラフト)についてちょろちょろと記載。

とらドラ スピンオフ 虎肥ゆる秋

マンガ二巻でました

読んでないけど

以下感想 ネタばれ注意 とらドラは比較的日常パートを多く書くので日常パートの補完的な意味ではそれほどスピンオフを必要としない気がします

例えば、今回で言うと大河のダイエットとか芋掘りとかね

でもスピンオフの意味がないかというとやっぱり短編は短編でまとめて貰えるとすっきりする

なによりもサブキャラに焦点を当てたストーリーが作りやすい

それに一見本編で不可解な行動を取るに至ったキャラの行動理由というか原因を解説できたりします

一見さんお断りな感じになるって欠点もある気がしますけど


戯言シリーズみたいに複数巻で伏線を小だしにして回収も少しずつだと最初から全巻よまないとよくわからない

最も途中から読み始めるのも結構どうかと思いますがw

で話の感想自体なんですが個人的には重い…とにかく重い…

人間関係の距離の取り方、みたいなのを考えさせられたり

ホントに本は人を写す鏡です

春田の話でもドロドロした人間関係がバッサリ切られることに単純にカタルシスを得られる人もいれば過度に自己投影して落ち着かない気持になる人 人気ブログランキングへ
広告を非表示にする