読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもしろきこともなき世におもしろく

ライトノベル・SF・マンガ・ゲームの感想。それにMtG(モダン・ドラフト)についてちょろちょろと記載。

傷物語 鉄血編 感想

西尾維新 映画

アニメ映画、傷物語を見てきたのでざっくりと感想。

物語シリーズはアニメっていうか原作を全部見ているのでストーリーを知っている上で、改めての映像化を楽しむことになる。

忍、というかこの時点ではキスショットの、おかっぱがいいですね。
そういえば、原作ではキスショットが最初に子供サイズになった時にはおかっぱだったと描写されていたのを思い出した。
あと委員長のみかけが洗練されてましたねぇ。
羽川は委員長モードというかおさげだった頃も可愛らしキャラデザだったんだけど、ショートヘアの時よりはあざとくないといいますかキャッチーさが足りてないキャラクターだったんですよね。

それが映画版でキャラデザがだいぶ洗練されてて、可愛くなってました。
口元がかわいい感じでした。

なんでもいいですが、リアルでアヒル口みたいなのやってるのは苦手なんですけど、アニメのアヒル口?ではないけど、普通じゃない口元のデフォルメ描写は可愛らしくてすごい好きです。

あと、いつも思うんだけどアニメや漫画の感想に画像を入れないスタンスなもので、非常にブログが読みづらくなりがち。
とくにキャラデザが可愛くなっているんだよ!とか書いてもなにもつたわらないからだめじゃん。
文章力の問題だと言われればそれまでなのですが。

傷物語の映画版いいところポイントとしては、羽川と阿良々木の会話シーンがたくさんあるんだけど、そのシーンを3Dで前進を舐め回すようにぐるぐる360度から見るというカットを使わないでいたこと。

音声、というか会話だけ、別撮りみたいな感じで浮かせて、実際に移しているシーンはそれとは関係なく歩道を歩いているシーンだけにしててよかった。

歩道のヘリをふらふら歩いている羽川は可愛いけどそういうキャラだったっけ?となりがちでもある。


全体的に映像美はすごい良かった。
キスショットが死にたくないって叫ぶシーンは可愛らしかったり綺麗だったりするだけではなく、醜さが必死さとして現れていてよかった。

なんというかエンタメとしては見たいものだけを見せるというのも大事だけど見たくないものを見せるというのも、作品全体がピリッとしまっていいなぁ、と思ったのでした。

何はともあれ、3部作にしたらしので続きが気にあってしゃーない。

ドラマツルギーやらギロチンカッターとかなんだかんだでかっこいいからなぁ。

広告を非表示にする